あたしおかあさんだからの歌詞全文が気になる!替え歌猫Ver.も現れる!

絵本作家のぶみさんが作詞した楽曲『あたしおかあさんだから』の歌詞が世間の母親らを中心に批判が殺到しているみたいですね。

この『あたしおかあさんだから』の歌詞はここまで炎上するほどの歌詞だったのでしょうか?

歌詞の全文を読みながら、今回炎上する事態になってしまった経緯をまとめてみました。

スポンサードリンク

炎上した『あたしおかあさんだから』の歌詞全文

『あたしおかあさんだから』

歌:だいすけお兄さん 作詞:のぶみ

 

一人暮らししてたの おかあさんになるまえ

ヒールはいて ネイルして

立派に働けるって 強がってた

 

今は爪切るわ 子供と遊ぶため

走れる服着るの パートいくから

あたし おかあさんだから

 

あたし おかあさんだから

眠いまま朝5時に起きるの

あたし おかあさんだから

大好きなおかずあげるの

あたし おかあさんだから

新幹線の名前覚えるの

あたしおかあさんだから

あたしよりあなたのことばかり

 

あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから

 

痩せてたのよ おかあさんになるまえ

好きな事して 好きなもの買って

考えるのは自分のことばかり

 

今は服もご飯も 全部子供ばっかり

甘いカレーライス作って

テレビも子供がみたいもの

あたし おかあさんだから

 

あたし おかあさんだから

苦手なお料理頑張るの

あたし おかあさんだから

こんなに怒れるの

あたし おかあさんだから

いいおかあさんでいようって頑張るの

あたし おかあさんだから

あたしより あなたの事ばかり

 

あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから

 

もしも おかあさんになる前に

戻れたなら 夜中に遊ぶわ

ライブに行くの 自分のために服買うの

 

それ ぜんーんぶやめて

いま、あたしおかあさん

 

それ全部より おかあさんになれてよかった

 

あたし おかあさんになれてよかった

あたし おかあさんになれてよかった

あたし おかあさんになれてよかった

 

だって あなたにあえたから

『あたしおかあさんだから』の歌詞に対する批判の内容


『あたしおかあさんだから』の歌詞に対する批判でもあったように、歌詞の中で度々出てくる「あたしおかあさんだから」という言葉が、だんだん呪文のように聞こえてきてしまう感じはあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

『あたしおかあさんだから』炎上にのぶみさんがコメント

今回の『あたしおかあさんだから』の歌詞に批判が殺到していることに対して、作詞をしたのぶみさんは「これは『ママおつかれさま応援歌』の中でおかあさんたちから募集した内容で作詞したもので、もう一度聞いてみてダメだと思ったら仕方ないけど、良かったと思ってくれる人もいるはず」とコメントしています。

『あたしおかあさんだから』を作詞するにあたり、のぶみさんは実際に母親たちの声を聞いて歌詞を作ったとのことですが、結果としてこのような炎上という事態になってしまいましたが、決して嫌味で書いているわけではないのかなと思います。

ただ、捉え方によっては「あなたのせいで」というような表現に聞こえてしまうという人も多かったのではないでしょうか。

ハッシュタグ『#あたしおかあさんだけど』が面白い

今回の『あたしおかあさんだから』の歌詞炎上後すぐに、Twitterではハッシュタグ「#あたしおかあさんだけど」が大流行しているのですが、その内容が思わず笑ってしまうような内容なんです。


これは『あたしおかあさんだから』の歌詞の対するカウンターとも言える逆をついたツイートだと思うのですが、今回の炎上は置いといてどれもセンスがありすぎて、思わず笑っちゃいました。

個人的には、旦那に娘と遊ばせて龍が如くをやるっているのが好きでした笑(ふつー逆だろw)

確かに、子供がいるおかあさんにだってオシャレだってするし、やりたいこともやりますよね!

『あたしおかあさんだから』の替え歌まで登場

炎上後、Twitterでは『あたしおかあさんだから』の替え歌の猫バージョンを作る人も現れました。


この替え歌に、特に猫や犬を買っている人からは感動した!という声があがりました。

『あたしおかあさんだから』を猫Ver.にするだけで、こんなにも感動的な歌になってしまうんですね笑

ロバート秋山の『マイクロズボラ』が再び注目される

今回の『あたしおかあさんだから』の炎上の裏では、逆にロバート秋山さんが歌う『マイクロズボラ』が大絶賛されているようです。

ロバート秋山『マイクロズボラ』の動画


ロバート秋山さんが歌うこの『マイクロズボラ』は、グリコが販売している「グリコ アーモンドピーク」のWEBムービーとして昨年からグリコ公式のYouTubeチャンネルにて配信されている曲です。

動画を見ていただくとわかるようにこの『マイクロズボラ』は、おおっぴらには言いにくいけどついついしちゃう、ちょっとしたずぼらを歌詞にしているんです。

「靴下を足で脱ぐ」、「干していたものをアイロンをかけないでそのまま着てもいいんだよ」、「もやしのひげをとらずに炒める」などなど、普段うっかりやっちゃいそうなズボラに共感する人が多かったようです。

ロバート秋山『マイクロズボラ』に対する共感の声


確かに、この『マイクロズボラ』を聞いていると生活感を感じるというか、なんか安心できるようなというのはすごく共感できます!

まとめ

ということで、今回炎上した『あたしおかあさんだから』についてご紹介してきました。

個人的には、この炎上よりもその後の「#あたしおかあさんだけど」がおもしろかったので、気になる方は「#あたしおかあさんだけど」で検索してたくさんのおもしろツイートを見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です