フードシェアリングとは!アプリや通販もある?東京・福岡・札幌・大阪

日本ではまだ食べられる食品が年間約621万トンも捨てられています。フードロスとも呼び、問題視されていましたが最近その解決策として注目を集めているのがフードシェアリングサービスです。

いったいどんなサービスなのか、提供される地域やお店についてもまとめました。

スポンサードリンク

フードシェアリングサービスとは?

飲食店や惣菜店などで急な予約の減少や売れ残りなどの理由で起こる「まだ食べられるのに捨ててしまうフードロス」を削減するため、捨てる予定だった食品を食べたい人に割引や寄付として提供する試みです。

これによって食品を捨てていたお店側も収益が上がり、フードシェアリングサービスを利用している人は安く手に入れられて「みんなでお得に食べよう」というお店も食べても環境にも優しい取り組みなのです。(みな得フードシェアリングとも言われています。)

海外ではこのフードシェアリングを個人や家庭が提供する仕組みも存在します。

ドイツのベルリンではfoodsharingのサイトに余っているものを投稿して必要な人が待ち合わせ場所や家に取りに来て引き渡したり、街の公共の冷蔵庫に入れておき必要な人が取りに来る方法もあります。積極的に活動している人は“Foodsaver”と呼ばれるそうですよ。

参考:http://www.mojn.org/foodsharing/

現在日本で提供中のフードシェアリングサービス

  • TABETE
  • Reduce Go
  • KURADASHI.JP

TABETE

公式:https://www.cocooking.co.jp/food-sharing

国内初のフードシェアリングサービスで現在限られたユーザーを対象にクローズドβ版テストを行っています。これは正式リリース前に問題点や改善策を見つけ少しでも良い状態で運営するためです。

正式リリースは2018年春頃を予定していて、テストユーザー様の募集は終了しているものの正式リリース時に優先的に案内がくる事前登録ユーザーは募集しているそうなので興味のある方は早めに登録しておくのがオススメです!

人気のサービスは一定数以上に会員が増えてしまうと対応できる状況を作れるまで会員登録をストップしてしまう可能性もあります。

→事前登録はこちら

料金はそれぞれの飲食店が設定します。通常価格の半額以下のものや本来なら捨てられてしまう形の崩れたものなどが大変お得に手に入れられます。

Reduce Go

公式HP:https://reducego.jp/

こちらは定額制のフードシェアリングサービスです。ユーザーは月額1980円を支払えば1日2回まで飲食店などの出品している余り物を手に入れることができます。

毎日のようにお店に取りに行くことができるという方にはとってもお得なサービスですよね!

こちらはアプリでお料理を探して注文、取りに行く(店内で飲食できるものもあり)というとてもわかりやすい仕組みです。

こちらも2018年春リリース予定で現在は限られたユーザーを対象に東京23区内でサービスを展開しています。現在は事前登録をしている会員のみ新規会員登録が可能です。

KURADASHI.JP

公式サイト:https://www.kuradashi.jp/

こちらは通販のフードシェアリングサービスです。メーカーが廃棄する前の季節商品や賞味期限の近いものなどがラインナップされています。

さらに面白い仕組みがこのKURADASHI.JPにはあります。
商品ごとに社会活動団体への支援金額が設定されており、ユーザーはただ安く商品を購入するだけで社会貢献ができるのです。

ほとんどの商品が50%いかが当たり前のとてもお得な値段設定になっていて驚きです!!

提供地域は?

日本の主要都市では利用できるのか気になりますよね。

特に東京・大阪・福岡・札幌などの大都市では利用できそうなイメージはありますが、TABETEもReduce Goも正式リリースはされておらず東京23区内で試験的に行われていることしかわかっておりません。

リリース後もはじめは限られた地域だけだと予想されますが、徐々に知名度もあがり賛同する店舗も増えることで地域も拡大していくものと思われます。

まとめ

フードロス対策で環境にも優しいフードシェアリング。

これが当たり前になったらいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です