【北朝鮮】玄松月のポルノビデオの内容と死刑の真相!動画あり

北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団団長が可愛いと話題になっている玄松月(ヒョンソンウォル)氏。平昌オリンピックへ向けて韓国へ渡しましたが、かつて金正恩第1書記の指示に反し、違法にポルノを制作し販売したとして公開処刑されているはず・・・

今回は玄松月(ヒョンソンウォル)氏のポルノビデオと死刑の事件の真相をわかりやすくまとめました。動画もあります。

ポルノ事件とは?

2013年8月29日に韓国紙『朝鮮日報』が衝撃のスクープを発表しました。
それが「金正恩の元カノである歌手の玄松月(ヒョンソンウォル)がポルノビデオを製作・販売したとして公開処刑された」として話題になりました。

処刑されたのは以下の人たち。全部で11人の芸術関係者が死刑になったと報道されました。

  • 玄松月(ヒョンソンウォル)
  • 銀河水管弦楽団のメンバー
  • 旺歳山軽音楽団のメンバー

玄松月出演のポルノの内容は?

  • オナニー画像
  • メンバー同士のカラミ
  • 金正恩と玄松月の”SEX映像”

噂の域ですが、そもそもなぜこんな内容のビデオを製作したのか気になりますよね。
実は玄松月は金正恩の元カノだったのですが、金正恩は「普天堡電子楽団」で玄松月とライバル関係にあった李雪主と結婚して子供をもうけたのです。

玄松月はそれをきっかけに復讐を誓い、金正恩に反対する集団とともに「性行為を通して、李雪主夫人と金正恩第一書記の変態性を暴いた暴露AV」を政策したと言われています。

U-NEXTならアダ◯ト動画も見放題!1ヶ月間無料!
→無料で見てみる

なぜ死刑になったの?

もうお分かりかと思いますが、「金正恩第一書記への侮辱罪」の容疑で逮捕され死刑になったとされています。処刑方法は機関銃乱射と火炎放射器だったそうです・・想像しただけで怖い。

金正恩側としては絶対に表に出せないものだとは思いますが・・死刑にしなくても。

北朝鮮はこのビデオを恥だとして事件を隠していたのですが、中国に流出していたものが供給されなくなり、その話が韓国へ渡ったのだそうです。

そしてこのスクープへと繋がったのですが北朝鮮の朝鮮中央通信は報道を中止するようにと要求したことがまた話題となり、大々的にこの事件が広まってしまったというわけです。

 

実際に生きていたのでこの事件が話題になっています。

動画はこちら

この動画の真ん中で踊っていたのが玄松月氏です。

「動画では初め、ポップスに合わせて踊る薄手のレオタード姿の女性が3人現れます。3人の真ん中で踊っていたのが玄松月です。玄松月はその後、レオタードを脱いで、客席で見ている金正恩第一書記に似た男優と情事を繰り広げるんです。玄松月は、金正日総書記存命中の金正恩第一書記の呼称である『青年大将様』を連呼してしなだれかかり、そのまま隣室(という設定)のベッドに2人で行くんですよ。金正恩氏が『王様ゲーム』のような命令をするシーンもあったりで、本人の変態趣味がよくわかりました。同時に『李雪主は、このようにして寵愛を受けている』というような言外のメッセージも受け取ることができます」

つまりこれは、性行為を通して、李雪主夫人と金正恩第一書記の変態性を暴いた暴露AVだった

まとめ

確かにこの内容が本当であれば、侮辱罪で逮捕されるのは仕方ないことだとは思います。

ただ、噂の域を超えないので韓国が面白おかしく偽造した話題だったのかもしれません・・・それかさすがに元彼女だけは殺せなかったため、今回平昌オリンピックで地位を与えて復活させたのかもしれませんね。

U-NEXTならアダ◯ト動画も見放題!1ヶ月間無料!
→無料で見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です