スマホで簡単に月をキレイに撮影するコツとおすすめアプリ紹介!

2018年1月31日に150年ぶりとなる「スーパーブルーブラッドムーン」という月が現れます。

そんな奇跡的な現象の月なら是非とも写真に収めたいですよね!

一眼レフや望遠デジカメなどであればそんなに難しくなく綺麗な写真を撮れると思います。

しかし、撮影できるタイミングにカメラを持っているとは限りませんし、そもそもカメラを持っていないという方もいるでしょう。

そこで、スマホでもキレイに月を撮影できるコツとおすすめアプリを紹介します!

スポンサードリンク

スマホで月をキレイに撮影する方法

スーパームーンだからといって、いざスマホをかざして撮影してみると小さかったり、キレイに撮れないことがほとんどです。

わたしも実際に撮影してみると、真っ暗の中に白い丸があるだけで月かどうかもわからないレベルでした。

しかし無料のカメラアプリを使うと簡単に月の模様までわかる写真を撮ることができます!

おすすめアプリ
  • iPhone:Camera+(無料のLite版)
  • Android:Camera FV-5 Lite

それぞれお手持ちのスマートフォンに合わせて、アプリを検索してみてください。

私はiPhoneなので「Camera+」で解説していきます。

重要なのは露出ロックになりますので、是非Androidの方も試してみてください!

Camera+の使い方

Camera+をインストールするとカメラのアクセスを求められますので、許可にしておいてください。

1.起動したら画面を2本の指でタップ

そうすると「焦点」と「露出」というものが表示されるので、「露出」をタップしながら中央へ移動させます。

2.自宅などの照明(できれば画面いっぱいになるように)ドアップで露出ロック

蛍光灯で問題ないので、ドアップにして「露出」のカギマークをタップしてロックします。

3.焦点を真ん中にして月に向ける

今度は焦点をタップしながら中心へ移動させます。

焦点の中に月を入れ、右側のズームを最大まで上げます。

※午前中に用意したスクショなので、部屋のライトを月に見立てています。

4.撮影する

ズームを最大にしていることもあってブレやすくなっています。

建物などに固定しながら、極力ブレないように気をつけてください。

撮影してみると・・・

露出をロックしたので、月の模様まで写っていますね!

ちなみに、下の画像は2018年1月29日の通常の大きさの月です。

この日はまだ満月ではありませんでしたが、月の模様もしっかりと分かりますね!

拡大したので画像が荒いのはご了承ください…

撮影した写真を確認する時は、左下にある花のようなところをタップすると見れます。

まとめ

以上が、スマホで月をキレイに撮影する方法です。

とっても簡単に月の模様まで撮影できたはずです。1月31日は「スーパーブルーブラッドムーン」なので、是非お手持ちのスマホでかっこいい月の写真を撮影してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です